FX テクニカル分析を使う

1998年の半ばには230円台をつけていたポンドが、2000年の後半には150円台後半にまで落ち込んでいます。その差、なんと約80円です。ちなみに同時期のドルノ円の値幅は約30円、ユーロノ円のそれは50円弱ですから、それよりもかなり上回っていることがわかります。
 
経済的要因の分析を通じて為替のレートの方向性を探る方法ブローカー(Broker)通貨を売りたい金融機関と、通貨を買いたい金融機関を仲介し、取引を約定させることを業務とする人のことです。
 
トレントの分析はほかの短期取引と同じでテクニカル分析を使う。損切りラインを見極め相場の急変に備える。中長期の取引には、スワップポイントが着実に得られりというメリットがある一方で、為替レートの急変に対応しづらいというデメリットがあります。
 
注文の有効期限ドDay:当日中(クローズまで)GTF:今週中(金曜日のNYクローズまで)GTC : 自分でキャンセル指示を出すまで今のレートより低いレートの売り注文、
高いレートの買い注文をあらかじめ指定する方法、IFDとOCOを組み合わせた最初にIFD注文が約定されると、自動的にOCO注文が発動される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です